/

この記事は会員限定です

在日米商議所特別顧問、海外ワクチン証明書と相互承認を

[有料会員限定]

在日米国商工会議所(ACCJ)特別顧問のクリストファー・ラフルアー氏は、日本経済新聞のインタビューに応じ、日本政府が月内に発行を予定する新型コロナウイルスのワクチン接種証明書に関連し、海外で発行された証明書との相互承認を進めるべきだとの考えを示した。

証明書は現在、主に日本から海外に渡航する際に現地で入国しやすくするための手段として議論されている。ラフルアー氏は、ワクチン証明書を持つ日本からの渡航...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン