/

この記事は会員限定です

武装勢力が脅かす、カナダ企業のパキスタン金鉱開発

[有料会員限定]

パキスタンでカナダの金鉱大手バリック・ゴールドが手がける金鉱開発に暗雲が垂れこめてきた。外資の進出を嫌う地元の反政府武装組織が攻撃を警告したためだ。武装組織は中国人に対するテロも仕掛けてきた。国際通貨基金(IMF)の支援再開で合意したパキスタンのシャリフ政権にとって、経済再建に欠かせない外資誘致を進めるうえで治安対策が急務になっている。

バリック社はパキスタン南西部バルチスタン州のレコディク地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン