/

この記事は会員限定です

[FT]サウジ増産でも原油高 ロシア減産分を補えず

[有料会員限定]

サウジアラビアをはじめとする産油国の連合体が増産の拡大に合意した後も、原油価格にほとんど変化はみられない。国際指標の北海ブレント原油先物の8月物は6日、1バレル119ドル51セント(約1万9500円)で取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成される「OPECプラス」が増産拡大を決めた2日の会合以前の水準を上回る価格だ。「石油の中央銀行」と称されるサウジが原油価格高騰を止...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン