/

この記事は会員限定です

[FT]世界の機関投資家、アジアの電力会社に脱炭素圧力

[有料会員限定]
Financial Times

米JPモルガンや米フィデリティ証券など世界の機関投資家でつくるグループが新たな気候変動対策プログラムを立ち上げ、アジアで最も温暖化ガス排出量の多い電力会社5社に排出量削減を求めている。

同グループは大規模な石炭火力発電所を持つ中国本土、香港、日本とマレーシアの電力5社に狙いを定めている。プログラムへの参加者によると、5社が2019年に排出した二酸化炭素(CO2)はスペインの年間排出量に相当する約2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン