/

中国外相、14日から訪韓 朝鮮半島情勢議論

中国の王毅国務委員兼外相(新華社=共同)

【ソウル=共同】韓国外務省は7日、中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相が14日からソウルを訪れ、鄭義溶外相と15日に会談すると発表した。朝鮮半島情勢について議論するほか、来年8月に中韓の国交正常化から30年を迎えるのを前に両国関係の進展を図る。

王氏の訪韓は昨年11月以来。鄭氏とは中国福建省アモイで今年4月にも会談している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン