/

人口と世界・第2部「新常識の足音」まとめ読み

人類30万年史上、初めてとなる人口減少時代が間近に迫っています。近代以降の経済や社会の礎となっていた常識にほころびが見え始めました。いまの子供が大人になったころには、家族で暮らし、高齢者を若者が支えるといった現在の社会制度は当たり前でなくなっているかもしれません。

人類は衰退の道へと迷い込むのか、それとも繁栄を続けられるのか。連載企画「人口と世界」の第2部「新常識の足音」では、人口減社会が近づくなかで見えてきた新たな常識を取り上げます。

「人口と世界」第2部・新常識の足音 記事一覧

(1)移民なき時代、世界で人材争奪 「低賃金で来ず」常識に

ホモ・サピエンスが誕生の地アフリカから移住を始めた「出アフリカ」から約6万年。新天地を求める移民は増え続け、経済発展の礎になった。しかし少子高齢化で若…続きはこちら
(2)公的年金限界、万国の悩み 若者急減で老後資金は自助に

戦後の1950年、世界の平均寿命は男性45.4歳、女性48.4歳だった。2060年予測は男性76.2歳、女性80.6歳と30年余り延びる。長くなる老後を誰が支えるのか。世界…続きはこちら
(3)AI、脅威論越えヒトと共生 9700万人雇用生み成長率2倍

「大いなる第一歩になる」。10月、バイデン米大統領は週7日、1日24時間の稼働でロサンゼルス港などと合意したと表明した。ライバル港が自動化を進め「不眠不休」…続きはこちら
(4)「おひとりさま」標準に 世界で3割増、官民で孤独克服

看護師の余琨さん(38)は両親に買ってもらった中国・上海の2LDKのマンションに3年前から一人で暮らす。溺愛する飼い猫の高級キャットフード、お気に入りのアイド…続きはこちら
(5)「人口減で貯蓄過剰」ケインズの予言 投資促す政策に解

「ハイパー(超)ケインズ主義」。米投資家ザカリー・カラベル氏は新型コロナウイルス危機が深まる2020年4月、各国の財政政策のフル稼働ぶりをこう評した。「世界経済の…続きはこちら
(ビジュアル解説)国家・都市・家族… 人口減の世界、多数派が変わる

世界の人口は早ければ今世紀半ばにも減少に転じる。少子高齢化やグローバル化で人口の減り方はまだら模様になり、これまでの常識のものさしでは測れない変化をもたらす。…続きはこちら
人口と世界特集ページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

人口と世界

人類登場から30万年。長く続いてきた人口膨張が、終わりに差しかかっています。経済、社会、軍事などあらゆる面で基盤となった人口とそれを支える出生率が減少。連載企画「人口と世界」では人口減少社会に危機感を抱く世界の国々の動きを取り上げます。第5部「わたしの選択」では、人口減社会の背景にある家庭や個人の人生の選択を描きます。

第1部「成長神話の先に」まとめ読み
第2部「新常識の足音」まとめ読み
第3部「衰退が招く危機」まとめ読み
第4部「下り坂にあらがう」まとめ読み

関連キーワード

速報

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン