/

この記事は会員限定です

[FT]親中大統領誕生のホンジュラス、対米関係緊張も

[有料会員限定]
Financial Times

台湾の外交官の任務は波瀾(はらん)万丈だ。日本や欧米から支援を受けて気をよくしていたら、今度は中米ホンジュラスとの関係が心配になってきた。ホンジュラスは中国に逆らって台湾との外交関係を維持している数少ない国の一つだ。

11月28日のホンジュラス大統領選で勝利した左派のシオマラ・カストロ氏は選挙期間中、中国との国交樹立を公約に掲げた。これが実現すれば、台湾と外交関係を結ぶ国はわずか14カ国になる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2833文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン