/

この記事は会員限定です

[FT]米代表団がベネズエラ訪問 石油禁輸の緩和模索か

[有料会員限定]

ウクライナ侵攻を巡る産油国ロシアに対する米欧の制裁強化に備え、各国はロシアにかわる原油の供給国を探している。そんな折、米政府のハイレベルの代表団が南米の産油国ベネズエラを訪問し、同国の政権幹部と会談した。

関係者の1人によると、米国家安全保障会議(NSC)上級部長(西半球担当)のフアン・ゴンサレス氏が5日にベネズエラの首都カラカスを訪問し、マドゥロ政権の幹部と会った。ほかの2つの情報筋も、米政府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2021文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン