/

この記事は会員限定です

[FT]ロシアの侵攻でパワーを失うウクライナの新興財閥

[有料会員限定]

ロシア軍がウクライナに侵攻し、首都キーウ(キエフ)に向けて前進を始めて1週間後、ウクライナの義勇軍が首都郊外にある大邸宅を占拠し、仮設の救護所と野戦病院を設けた。邸宅の持ち主は同国有数の富豪ビクトル・ピンチュク氏で、他の多くの富豪と同様に侵攻開始時に国を離れていた。

その後ウクライナにいったん戻ったピンチュク氏は当初、義勇軍に対し、使っていなかった邸宅の使用を認めた。戦争は続いており、皆で協力し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン