/

この記事は会員限定です

空自機模型と中国のゆがみ

[有料会員限定]

空自機模型と中国のゆがみ

2022年の前半も終わっていないわけですが、国内で出版された安全保障関連の書籍で「内容面で年間ベスト10入り確実」と個人的に認定したい1冊があります。石川島播磨重工業(現IHI)で長年航空機エンジン事業などに携わった榊純一氏の「中国の航空エンジン開発史」(並木書房)です。詳しい内容は同書に譲りますが、宇宙ロケットを頻繁に打ち上げる中国がなぜ国産の戦闘機用エンジンをいまだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

メールサービス「NIKKEI Briefing」の過去配信分をご覧になれます。
ビジネスには国際ニュースの把握が不可欠。ベテラン記者が世界の重要な出来事を選んで解説し、今後を展望します。
筆者は日経CNBC報道部長兼日経編集委員・高橋香織、編集委員・高坂哲郎、同・岐部秀光。

NIKKEI Briefingは電子版有料会員・日本経済新聞(日経ID決済)購読者向けです。
NIKKEI Briefingのメール登録はこちら

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン