/

この記事は会員限定です

[FT]イタリアのドラギ政権、親中路線からの転換進める

[有料会員限定]
Financial Times

今年初め、中国企業による従業員50人ほどの無名のイタリア企業の買収が阻止されたが、これは欧州での中国の外交的成功の後退を示している。

当時ポピュリストが連立政権を率いていたイタリアが2019年、主要7カ国(G7)では初めて中国の広域経済構想「一帯一路」に参加する覚書を結び、米国や欧州の同盟国に衝撃を与えた。署名式は習近平(シー・ジンピン)中国国家主席のイタリア訪問中に行われ、イタリアは中国がグロー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン