/

この記事は会員限定です

[FT]労働者の味方装う共和党

矛盾隠し中間選挙に備え 

[有料会員限定]
Financial Times

1期しか務めなかった米大統領が、新たに大統領選で勝つチャンスはほぼない。それは2期目への挑戦で負けたら、自分は敗北したという選挙結果を受け入れるからだ。だがトランプ前大統領は今も、2020年の大統領選は本当は自分が勝ったのだから民主党に対し「3度目の」勝利を狙うつもりだと支持者に言い続けている。

共和党支持の有権者の多くは今も昨年の大統領選では不正があったと考えている。そのためトランプ氏が24年の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2906文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

エドワード・ルース

Edward Luce FTに入社後、1年休職し米ワシントンで当時の米クリントン政権の財務長官ローレンス・サマーズ氏のスピーチライターを務めた経験を持つ。2006~11年米ワシントン支局長を経て、現在は米政治を様々な局面から切る現職に。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン