/

この記事は会員限定です

[FT]ロンドン不動産、対ロシア制裁で透明性向上なら打撃

[有料会員限定]

ロシアのプーチン政権を支えるオリガルヒ(新興財閥)の自宅を差し押さえ、不動産所有の透明性を高める英政府の案が実施されれば、10億ポンド(約1500億円)以上に相当する不動産が凍結され、ロンドンの高級住宅市場に打撃が及ぶ可能性がある――。不動産業界の専門家はこう警告している。

ロンドンの不動産はこれまで、不正に得たものを含む資金を寝かせておく簡単かつ安全で目立たない場所として活用されてきた。だがあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン