/

北欧、若者へのモデルナ製接種中断 心筋炎巡り予防措置

【ロンドン=共同】北欧のスウェーデンとデンマークの保健当局は6日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの接種後、心筋炎などが発生する恐れがあるため、予防的措置として若者への使用を中断すると発表した。スウェーデンは30歳以下、デンマークは18歳未満が対象。英メディアなどが伝えた。

スウェーデン当局は声明で、接種によって影響を受ける「リスクは非常に小さい」としつつも、若者の間で心筋炎や心膜炎のようなまれな副作用が増えていることを示すデータがあると指摘。デンマークではもともと12~17歳に主に米ファイザー製を投与していたが、今後はファイザー製に一本化する方針。

ロイター通信によると、北欧ではフィンランド当局が近く方針を発表する予定。ノルウェーでは未成年者にファイザー製のみ使用している。

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は7月、ファイザー製とモデルナ製のワクチンについて、接種後に心筋炎や心膜炎を伴う恐れがあるとし、製品情報に副作用として記載するよう勧告したと発表していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン