/

この記事は会員限定です

[FT]「脱ロシア」急ぐドイツ、LNG基地建設を加速

[有料会員限定]

ドイツ北部のエルベ川沿いにある小さな果樹園。樹木が生い茂り、その上空には数羽のカモメが円を描くように飛んでいる。この果樹園こそ、ドイツのロシア産エネルギー依存解消のカギを握っている。

ニーダーザクセン州シュターデ市近くに茂る果樹は近く伐採され、跡地には10億ユーロ(約1400億円)を投じて液化天然ガス(LNG)受け入れ基地が建設される。ロシア産天然ガスへの依存を断ち切るため、ドイツではシュターデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2911文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン