/

中ロ中銀、決済で協力 米撤退で銀聯利用拡大

【北京=共同】中国の在ロシア大使館は6日、中国人民銀行(中央銀行)とロシア中央銀行が決済システムで協力を深める方針を明らかにした。ウクライナ侵攻を受け米クレジットカード大手のマスターカードとビザがロシア事業を停止しており、中国カード大手、銀聯の決済システムの利用を拡大して補う構えだ。

張漢暉・駐ロシア大使がロシアのタス通信の書面インタビューに答えた内容として、大使館が公表した。張氏は「ロシア国民が人民元を使用し、預金することを歓迎する」と述べた。ロシアの決済システムと銀聯の両国での協力関係を深めるという。

張氏は中ロ貿易については「米欧の制裁が阻害要因になっている」との認識を示し、両国関係の強化で「決済や物流面での困難を解決しなければならない」と強調した。

ロシアからの原油や天然ガスの輸入を巡っては「ロシアは中国にとって主要なエネルギー供給国の一つであり、中国市場の潜在力は大きい」と述べた。

中国の習近平指導部はロシアへの制裁に反対し、ロシアとウクライナ両国とも正常な経済・貿易関係を続けていくと表明している。中ロの接近により、中国と欧州各国との距離感が広がることを懸念する声も出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン