/

プーチン氏「ウクライナ核保有」主張 原発制圧を正当化

ロシアのプーチン大統領は5日公開の映像で、ウクライナについて「核兵器を取得し、核保有国の地位を得ようとしている。見過ごすわけにはいかない」と主張した。根拠のない核兵器の開発疑惑を口実に、ウクライナへの侵攻や原子力発電所の制圧を正当化した。

ロシア通信など複数の国営メディアは6日に「情報筋」の話として、ウクライナが閉鎖したチェルノブイリ原発で放射性物質をまき散らす「汚い爆弾(ダーティーボム)」を製造しようとしていたなどと一斉に報じた。

ロシア軍は侵攻後に同原発のほか、稼働中のザポロジエ原発を制圧した。ほかの原発の掌握も狙っているとみられる。原発制圧で、ウクライナが核兵器の開発を試みているとの偽の証拠をロシア側がでっち上げる恐れが指摘されていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン