/

この記事は会員限定です

[FT]8日退任のメルケル独首相、「東側」市民への演説

[有料会員限定]

8日に退任するドイツのメルケル首相は任期末の演説のなかで、同氏と旧東ドイツ時代の過去について語った。首相としてすごした16年では異例だといえる。

メルケル氏は所属する中道右派、キリスト教民主同盟(CDU)を巡る最近の論文で、同氏の過去を「バラスト」と指摘された事実に大きな衝撃を受けた。バラストとは船のバランスのための積み荷で、用が済めば捨てられると、(論文では)辞書を引用して説明されていた。 ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン