/

この記事は会員限定です

インド当局、アフガン・ミャンマーから薬物流入増を警戒

[有料会員限定]

インド政府の当局者は、薬物の流入が2022年に大きく増えると警戒している。主な供給源は近隣のアフガニスタンとミャンマーだ。いずれも麻薬や覚醒剤の主要な供給国として知られ、21年の「政変」後も政治や経済が不安定なままだ。生産者や密輸業者が活発になり、インドの国境地帯ではすでに大量の薬物が押収されている。

インド麻薬取締局のプラダン局長は21年12月末の電話取材に対し、同年8月にイスラム主義組織タリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン