/

イスラエル軍がガザ空爆、10人死亡 過激派反撃

【カイロ=共同】イスラエル軍は5日、パレスチナ自治区ガザで、過激派「イスラム聖戦」を標的に攻撃を実施したと発表した。ガザ保健当局によると、空爆により5歳の女児を含む10人が死亡、75人が負傷した。イスラム聖戦は司令官が死亡したと明らかにし、反撃すると表明。ガザからイスラエルに向けて多数のロケット弾が発射された。

イスラエル軍は対空防衛システム「アイアンドーム」で撃墜するなどし、イスラエル側の人的被害は伝えられていない。大規模な戦闘に発展することが懸念される。

イスラエル軍が1日に、占領するヨルダン川西岸北部ジェニンでイスラム聖戦の幹部を拘束し、緊張が高まっていた。

現地映像には、空爆で建物が一部崩れて煙が上がり、負傷者が搬送される様子が映っている。空爆は5日夜も行われ、暗闇の中で炎が上がった。

イスラム聖戦は「最初の反撃」として100発以上のロケット弾を発射したと表明した。ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの報道官は、イスラエルが代償を払うことになると述べた。

イスラエルのラピド首相は「ガザのテロ組織がイスラエル市民を脅すことは許さない」との声明を出した。イスラエル軍は攻撃で戦闘員15人が死亡したと推定している。

エジプトメディアによると、事態沈静化のためエジプトが仲介に乗り出した。

イスラム聖戦はハマスより小規模で過激なイスラム組織で、イランに近いとされる。イスラエル軍は昨年5月、ハマスと11日間の大規模戦闘を展開。軍の空爆によりガザで約250人が死亡した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン