/

この記事は会員限定です

中国、カンボジア産フルーツ輸入解禁 EU制裁を穴埋め

[有料会員限定]

【プノンペン=ショーン・タートン、佐堀万梨映】中国がカンボジア産フルーツの輸入を増やしている。人権問題を巡り欧州連合(EU)から経済制裁を受ける同国を支援するためだ。カンボジアは東南アジア諸国連合(ASEAN)の一員として南シナ海などを巡り、親中の立場を示してきた。縫製業に依存する経済を多角化したいカンボジアにも利点があり、対中傾斜を強めている。

6月上旬、北京郊外の河北省の卸売市場で、カンボジア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン