/

この記事は会員限定です

[FT]メキシコ、マヤ観光鉄道頓挫も 生物圏破壊の指摘

[有料会員限定]
Financial Times

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録されているメキシコのカラクムル生物圏の奥深く、でこぼこの道路沿いに建つ寂れた小屋に作戦司令室があるようにはみえない。だが、地元の非政府組織(NGO)であるシュプヒル先住民・市民地域委員会(CRIPX)はここを拠点に、ロペスオブラドール大統領が進める総額78億ドル(約8600億円)のマヤ(観光)鉄道計画を阻止する法的闘争を始めた。

絶滅危惧種のジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2902文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン