/

この記事は会員限定です

[FT]中国当局系のハッカー集団、FBI米摘発後も学生採用

[有料会員限定]

中国の情報機関との関連が疑われるハッカー集団が、米連邦捜査局(FBI)による摘発を受けた後も、サイバースパイ活動に従事する人員を募集し続けていた。

フィナンシャル・タイムズ(FT)が入手した求人広告によると、中国のハイテク企業「海南騰遠」が3月、英語の翻訳者を盛んに募集していた。中国政府が「フロント企業」を立ち上げて欧米を標的にスパイ活動をしているとして米国の捜査機関が容疑者を摘発してから9カ月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2669文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン