/

この記事は会員限定です

[FT]「中国のバフェット」も債務危機 党大会後の命運は

[有料会員限定]

「中国のウォーレン・バフェット」とも称される資産家の郭広昌氏は、仏リゾート運営大手クラブメッドやポルトガルの銀行最大手、サッカーのイングランド・プレミアリーグのウルバーハンプトンを傘下に収めるグローバルな企業帝国を築き上げたことで知られる。また、中国当局の取り締まりをこれまで逃れてきた重要人物の一人だ。

10年前、郭氏率いる復星集団は、海航集団(HNAグループ)や大連万達集団(ワンダ・グループ)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3757文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン