/

この記事は会員限定です

[FT]シンガポール、国際商事仲裁でアジアの中心地に

[有料会員限定]
Financial Times

ビジネス紛争を解決する国際商事仲裁で、中心的な役割を担おうとするシンガポールの取り組みが実りつつある。同国での仲裁申立件数が過去最高を記録した。

背景にあるのは、アジアでビジネスをするグローバル企業が香港を法的契約から排除しようとする動きだ。香港に対する中国の影響力が強まる中、法の支配が崩れるのではないかとの懸念がある。

香港での仲裁件数は過去5年間、ほぼ横ばいで推移する一方、紛争解決地としてのシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1856文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン