/

ナイジェリア、ツイッターを無期限停止 報復措置か

【ナイロビ=共同】ナイジェリア政府は4日、米短文投稿サイト「ツイッター」の国内での利用を無期限に停止したと表明した。ツイッターはブハリ大統領の投稿に問題があるとして削除し、アカウントを一時凍結したばかりで、これに対する報復の可能性がある。

政府は公式には「ナイジェリアを弱体化させる活動に使われている」ことがツイッター利用停止の理由だと説明した。

ツイッターは2日、ブハリ大統領が政府施設に対する襲撃事件について、特定民族の集団による犯行と断定するような投稿をしたとして問題視。「攻撃的な行為」を禁じる利用規約への違反と判断した。

ロイター通信によると、少なくとも4日夜の時点ではナイジェリア国内でツイッターが通常通り利用できたもようだ。情報文化省は、ツイッターの利用を停止したことをツイッターで告知した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン