/

この記事は会員限定です

[FT]改革派エコノミストを逮捕 プーチン体制の息苦しさ

[有料会員限定]

ウラジーミル・マウ氏は先週、ロシアの国営ガス会社ガスプロムの取締役に再任された。リベラル派のエコノミストである同氏がロシアの至宝のような独占企業で留任したことは、今もクレムリン(ロシア大統領府)に目をかけられる存在であることを物語るようにみえた。

だが、それは間違いだった。

6月30日、再任から数時間後にモスクワの警察当局がマウ氏を詐欺容疑で逮捕したと発表した。ロシアの戦時下の弾圧が、今や忠実な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3665文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン