/

ウクライナで大修道院火災 「ユネスコ、ロシア追放を」

ウクライナのメディアによると、東部ドネツク州のスビャトゴルスク大修道院に4日、ロシア軍の砲撃があり、1912年に建てられた木造の僧庵で火災が起きた。ゼレンスキー大統領は同日、通信アプリを通じ、ロシアが歴史的遺産を破壊する「テロ国家」だとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から追放するよう求めた。

被害を受けたのは、格式の高い大修道院で、モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会に属している三つのうちの一つ。創建は中世にさかのぼる。東部ルガンスク州で攻防が続くセベロドネツクの西約90キロにある。

ユネスコの世界遺産には登録されていないが、前線に近いことから、5月から何度も攻撃を受けていた。今月1日には砲弾がさく裂して4人が死亡。ゼレンスキー氏は「大修道院の敷地内に軍事目標がないこと、子供を含む約300人が避難していること」を知りながら、ロシア軍が狙ったと非難した。

ウクライナ最高会議(議会)は5月末、ロシアを排除するようユネスコに要請。当初、今月にロシア中部カザンで開かれる予定だったユネスコ世界遺産委員会の会合は、侵攻を受けて無期限延期となっている。(時事)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません