/

この記事は会員限定です

強硬派ライシ師が大統領就任 難路の核合意再建

[有料会員限定]

【テヘラン=岐部秀光、ワシントン=中村亮】イランは5日、ライシ大統領の就任式を開いた。反米強硬派政権が始動する。原子力活動を拡大し、地域情勢への介入を続けるイランに米国やイスラエルは不信を膨らませる。仕切り直しとなるイラン核合意の再建協議は難航が予想される。

ライシ師は就任宣誓で「国家と人々を守る」と述べた。イラン外務省によると5日の就任式典には70カ国以上から約10人の国家元首らが参加。欧州連合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン