/

シュタインマイヤー大統領再選へ ドイツ与党3党が支持    

【ベルリン=時事】ドイツの緑の党は4日、シュタインマイヤー大統領の再選を支持すると表明した。これにより、社会民主党(SPD)、自由民主党(FDP)の連立与党3党の足並みがそろい、同氏は2月13日に行われる大統領選で再選される運びだ。

シュタインマイヤー氏はショルツ首相と同じSPD所属で、メルケル前政権で外相や副首相を歴任。2017年に大統領に就任した。緑の党内では、男性のシュタインマイヤー氏に代わる女性大統領を望む声もあったが、最終的に連立与党の協調を優先した。

大統領選は連邦議会(下院)の全議員736人と、同数の各州議会議員による投票で実施。DPA通信によると、与党3党で再選に必要な過半数を確保した。大統領の任期は5年。国家元首だが、権限は儀礼的なものにとどまり、政治の実権は首相が握る。連続しての再選は1度のみ可能。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン