/

ゼレンスキー氏「平和による自由を」 日本の学生へ訴え

ウクライナのゼレンスキー大統領は4日、東洋大(東京・文京)で開かれた講演会にオンラインで参加し「世界に平和を戻すときは今だ」と学生に呼びかけた。ロシアによる侵攻で、ウクライナでは「平和が思い出に変わってしまった」とし、「教育や仕事の自由を与えてくれる平和を裏切らないでほしい」と訴えた。

ゼレンスキー氏が日本の学生にメッセージを送りたいと希望して実現した。東洋大は侵攻開始以降、首都キーウ(キエフ)の3大学と協定を結び、計12人の学生を受け入れている。ウクライナからの留学生を含む約350人が会場で参加し、国内14大学にも同時中継された。

ウクライナからの留学生が「日本からウクライナ人としてどう支援ができるか」と質問すると、ゼレンスキー氏は「外交官、大使と同じような使命感を持ち、様々な人にウクライナの現実を話してほしい」と力を込めた。

ゼレンスキー氏に質問した男子学生(21)は「堂々とした姿に心の強さを感じた」と話した。東洋大の国際観光学部で学ぶウクライナの女子留学生(20)は「私たちの心は結ばれていると信じている」と故郷への思いを語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン