/

中国、有人宇宙船発射へ ステーション完成目標

【北京=共同】新華社電によると、中国の宇宙当局は4日、有人宇宙船「神舟14号」を5日午前10時44分(日本時間同11時44分)に中国北西部の酒泉衛星発射センターから打ち上げると発表した。乗組員3人は中国が独自に建設中の宇宙ステーションに乗り移り、年内完成を目指し約半年間滞在する。

昨年10月から今年4月にかけても3人の飛行士がステーション建設のため滞在した。今回の飛行士らは後任の飛行士と宇宙で交代し12月に地球に帰還する。飛行士がステーションに常駐する体制を目指すとみられる。

神舟14号はロケット「長征2号F遥14」に搭載して打ち上げる。乗組員は男性2人、女性1人で、いずれも軍に所属。滞在中、地上から打ち上げられる二つの実験施設をステーション中核部分に連結させ、全体を完成させる。科学実験なども行う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン