/

駐日ウクライナ大使、3~4カ月でロシアに勝利 米支援で

ウクライナのセルギー・コルスンスキー駐日大使は4日、東京都内で講演し、米国による軍事支援に期待を表明、「米軍から武器が届けば、3、4カ月で戦争は終わる」として、ウクライナ東部で攻勢を強めるロシア軍に打ち勝つことが可能だとの見通しを示した。

米政府高官は5月31日、高機動ロケット砲システム「ハイマース」を供与すると発表していた。

コルスンスキー氏は、ロシア軍は食料が不足している上、当初は最先端の戦車を使っていたものの、現在は老朽化した旧式を使うなどしており、今後数カ月にわたって戦闘能力を維持するのは困難だと推測。ウクライナから「撤退せざるを得ないだろう」と指摘した。

また、核兵器を持つロシアが勝利することがあれば、各国が核兵器を持つべきだとの誤ったメッセージになってしまうと警告した。また、ロシア軍は略奪なども繰り返しており「倫理観がなく乱暴だ」とも糾弾した。

コルスンスキー氏は、ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)への加盟が困難であれば「日米同盟のような強い枠組みが必要だ」と強調した。講演後の取材に対し、隣国ポーランドを筆頭に米英、トルコなどがパートナーとして可能性のある相手国だと説明した。(共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン