/

この記事は会員限定です

[FT]ドイツ新政権、欧州委の原発「持続可能」分類に反発

[有料会員限定]

ドイツ、オーストリアやルクセンブルクは、欧州連合(EU)の欧州委員会が環境に配慮した投資に関する分類制度で、原子力を持続可能な技術とする方針を示したことに反発している。この制度は域内経済の脱炭素化に中心的な役割を果たす。

独連立政権に参加する緑の党出身のハベック経済・気候相は1日、「この(気候変動対策に熱心なふりをする)グリーンウォッシングが金融市場ですら受け入れられるか疑問だ」と独DPA通信に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン