/

この記事は会員限定です

ネタニヤフ氏退陣 築いた起業大国、揺らぐ民主主義

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】連続12年、合計15年におよびイスラエル政治の頂点に座り続けたネタニヤフ首相が退陣した。同氏は規制緩和などを通じてイスラエルを先端技術企業が勃興する「スタートアップ王国」に変容させ、高い経済成長をもたらした。一方で政権の延命のために民主主義の伝統を傷つけ、パレスチナ和平の停滞など負の遺産も残した。

ネタニヤフ氏は13日「下野する宿命なら、この危険な政権を倒すまでそうする。そして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン