/

ベラルーシ反体制派の男性、遺体で発見 

ベラルーシの反体制派活動家の男性が3日、ウクライナの首都キエフで遺体で発見された。ウクライナ警察は殺人事件の疑いがあるとみて捜査を始めた。

死亡したのはビタリー・シショフ氏で、自宅近くの公園で首をつった状態で見つかった。ロイター通信によると、同氏は政権への抗議デモに参加した後でウクライナに亡命し、ベラルーシ当局の圧力から逃れてきた同国人を支援する団体のリーダーを務めていたという。

ベラルーシ当局は反体制派への抑圧を強めている。5月には当局が民間旅客機を強制着陸させて搭乗していた反体制派の記者を拘束し、国際社会の非難を浴びた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン