/

この記事は会員限定です

[FT]税制改革で「租税回避地」脱却目指すモーリシャス

[有料会員限定]

インド洋の島国モーリシャスは30年間にわたり、アフリカとアジア、特にインドに投資する国際企業にとって格好の低税率国として自国を位置づけてきた。

しかし、この5年間に税法を刷新した。オフショアセンターの監視強化を求める世界の規制当局からの圧力を敏感に察知し、従来の税制をいくつか見直している。

実際、モーリシャスは租税回避地(タックスヘイブン)としてのイメージを覆そうとしてきた。昨年10月、約140...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン