/

この記事は会員限定です

香港ハイテク株 誰が支える?

編集委員 川瀬憲司

(更新) [有料会員限定]

6月4日は香港の「一国二制度」が本物かどうかを測る最も分かりやすい日だ。1989年に民主化などを求める丸腰の学生や市民を、人民解放軍が武力弾圧した天安門事件が発生した日だが、中国本土では完全なタブー。香港は中国の主権下に入った後も大規模な追悼集会が開かれてきたが、その伝統は今年でついえた。

集会禁止の表向きの理由は新型コロナウイルス対策。昨年も同様に禁止されたが、「違法」ながらも行われた。しかし、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン