/

インド、オミクロン型の感染者を初確認 南部で2人

【ニューデリー=馬場燃】インド政府は2日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」への感染が南部カルナタカ州で初めて確認されたと発表した。プライバシーの観点から詳細な情報は明かしていないが、46歳と66歳の2人が感染したとしている。インド政府は濃厚接触者の追跡を急ぐという。

インドは2日時点のコロナ新規感染者が1日あたり約9700人。5月にはインド由来の変異型「デルタ型」の拡大によって同41万人強と世界最悪の水準に増えたが、足元では減少基調で推移していた。

インドは人口が13億人を超えるため、いったん変異型が発生すると急速に広がる恐れがある。インド政府は1日からオミクロン型が発見された南アフリカや欧州などから入国した人々に対し、検疫体制を強化していた矢先だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン