/

この記事は会員限定です

「タリバン政権」樹立大詰め 支援取り付けへ融和強調

[有料会員限定]

【ニューデリー=馬場燃】アフガニスタンを掌握したイスラム主義組織タリバンの「政権樹立」が大詰めを迎えている。最高指導者のアクンザダ師ら幹部による協議が終わり、新体制を数日以内に発表するとの観測がある。経済再建へ国際社会からの支援を取り付けるには国内融和をめざす姿勢を人事や組織の形として示せるかがカギになる。旧政府幹部や女性を登用するかが焦点だ。

「包括的な政権を樹立するための協議が終了し、数日以内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アフガン情勢

アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧し、大統領府を掌握しました。米国は2001年の米同時テロをきっかけにいったんはタリバンを打倒しましたが、テロとの戦いは振り出しに戻ります。アフガニスタン情勢を巡る最新の記事をこちらでお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン