/

この記事は会員限定です

米イラン、強まる対決姿勢 大統領就任控え グレーゾーンの攻防激化

[有料会員限定]

【テヘラン=岐部秀光、ワシントン=中村亮】イランの反米保守強硬派、ライシ師が5日に大統領に就任するのを前に中東地域の緊張が高まっている。オマーン湾で7月末に起きたイスラエル系企業運航のタンカー攻撃についてブリンケン米国務長官は1日、イランによる犯行と断定した。無人機(ドローン)攻撃やサイバー攻撃などグレーゾーンの攻防が広がり、思わぬ形で武力衝突に至るおそれがある。

ブリンケン氏は声明で「極めて重要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン