/

この記事は会員限定です

[FT]ドイツ、旧植民地ナミビアの虐殺「賠償」で1500億円

[有料会員限定]

アフリカ南部ナミビアの砂漠のふちにある墓地で、ボランティアのレイドロウ・ペリンガンダさんは小さく盛り上がった土の管理をしている。20世紀最初のジェノサイド(民族大量虐殺)の犠牲者たちが埋葬された墓だ。

1904~08年にかけて、当時の宗主国ドイツの入植者による暴虐でオバへレロ族、ナマ族、サン族の数万人が死亡した。その一部は大西洋に面するスワコプムントの強制収容所にいた。ペリンガンダさんの曽祖母は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン