/

この記事は会員限定です

[FT]デジタル主権、欧州の覚悟 米IT縛るデータ流出防止

[有料会員限定]

欧州連合(EU)は「デジタル主権」をどこまで強く主張する覚悟があるのか。

その答え次第で、今後のIT(情報技術)産業の構造と、世界の経済活動を支えるようになってきた越境データフローの先行きは大きく変わることになる。

デジタル主権を最も厳格に定義した場合、欧州のデータは欧州の規制により域内にとどまり、欧州のIT企業が保管と処理にあたることになる。これらの条件がすべての事例で満たされることはないかも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2492文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン