/

ドゥテルテ大統領来年引退 フィリピン、副大統領選出ず

【マニラ=共同】フィリピンのドゥテルテ大統領(76)は2日、来年の大統領任期終了後に政界を引退する意向を示し、出馬表明していた副大統領選への立候補を取りやめる考えを明らかにした。「私を大統領に選んでくれた国民の意思に従い、政治から身を引く」と述べた。地元メディアが伝えた。

フィリピンでは大統領の再選は憲法で禁止されており、権力維持を図るため来年5月の選挙に立候補することに疑問の声が出ていた。ドゥテルテ氏は「大多数の国民の意見では私に資格はない。法律の回避は憲法の精神に反する」と説明した。

大統領選では同氏の長女で南部ダバオ市長のサラ氏(43)が有力候補で、動向に注目が集まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン