/

一国二制度とは 高度な自治、中国統制で形骸化が進む

きょうのことば

▼一国二制度 中国の一部をなす香港に、外交と防衛を除く幅広い分野で高度な自治を保障し、中国本土とは異なる制度を適用すること。英国の統治下で保障された言論や報道、デモの自由は、1997年7月1日に英国から返還された後も50年間にわたり維持すると中国は約束していた。

中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が香港への統制を強めるにつれ、一国二制度は形骸化が進む。反発する香港市民の不満は2019年などに民主化を求める大規模デモに発展したが、中国は20年に香港立法会(議会)を通さない異例の手法で香港国家安全維持法(国安法)を施行し民主派を弾圧。香港の選挙制度も見直して民主派の政治参画を排除した。

香港を特色づけていた自由な経済活動も中国の統制強化で揺らぎ、国際金融センターとしての評価は低下しつつある。香港終審法院(最高裁)の英国籍裁判官が辞任するなど、司法制度にも懸念が深まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン