/

この記事は会員限定です

「SPACは厄介者」バフェット氏非難 報酬にゆがみ

[有料会員限定]

著名投資家ウォーレン・バフェット氏は1日、自身が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイの株主総会でSPACを「厄介者」と批判した。

SPACは通常、設立から2年で買収先を見つけられなければ解散し、SPAC株主に資金を返還する。設立者は買収成立によって多額の報酬を得られる仕組みになっている。買収価格が割高で株主にとって不利な条件でも、早期に買収を完了させようと動く可能性がある。

バフェット氏は株主総...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン