/

この記事は会員限定です

米「中国、安保上の優先事項」強硬姿勢緩めず 商務次官補

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米政権が最重要の戦略的競争相手とみなす中国について、1日、日本経済新聞の取材に応じたケンドラー米商務次官補は「中国軍の近代化は米国の安全保障上で(対処すべき)優先事項だ」と強調した。先端技術が軍事力向上に使われるのを防ぐため、禁輸対象の企業を増やすと説明した。

目下政権はウクライナ情勢への対応に追われるが、「ロシアは米国(の政策)を転換していない」と述べ、変わらず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン