/

この記事は会員限定です

[FT]大坂選手が全仏棄権で挑むスポーツ界の古い規範

[有料会員限定]
Financial Times

女子テニスの大坂なおみ選手(23)が試合後の記者会見を巡って大会当局と対立した末、全仏オープンを棄権すると発表した劇的な展開は、新世代のトップアスリートがいかにして競技界の権力に挑み、社会の変革を訴えているかを浮き彫りにした。

現在女子テニスの世界ランク2位、女性アスリートの長者番付で世界トップの大坂は、発表の中で「うつ」と闘っていたことを明らかにし、「落ち込んでいる人を蹴る」ような会見を避けるこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン