/

この記事は会員限定です

[FT]欧米ブランド、人権問題で米中の板挟みに

[有料会員限定]
Financial Times

少数民族ウイグル族への迫害をめぐって米国とその同盟国が中国政府への攻勢を強める中で、欧米企業が人権擁護と中国から得られる利益の二者択一を迫られている。

2022年の北京冬季五輪大会を控え、中国には厳しい視線が注がれている。人権活動家らはブランド各社に対し、中国のウイグル族弾圧への対応を明確にするよう強く求めている。米国務省は30日、世界各国の人権状況に関する年次報告書を発表し、新疆ウイグル自治区で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン