/

この記事は会員限定です

中国共産党創立100年、識者の見方

[有料会員限定]

「威信の低さ、強硬な外交生む」愛知県立大・鈴木隆准教授

中国共産党の課題はグローバル大国として不可欠な普遍的理念を内包したソフトパワーが欠如していることにある。経済・軍事大国になったにもかかわらず、国際的な威信が低い。そのギャップに対する国民の困惑やフラストレーションの高まりが他国を威圧的な言動で挑発する「戦狼(せんろう)外交」につながっている。

中国共産党指導部も、国内で新型コロナウイルスを抑制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン